• -社会で活躍する人材を育てるために- 大阪府立布施工科高校の取り組み ③生徒へのインタビュー
  • 2017.08.03

     -社会で活躍する人材を育てるために-

    大阪府立布施工科高校の取り組み


    3)生徒へのインタビュー



    大阪府立布施工科高校さんの、魅力あるキャリア教育の取り組みをお伝えするこの企画。

    今回は、生徒へのインタビューを実施させていただいたので、その様子をお伝えします。


    インタビューさせていただいたのは、

    現在3年生で、昨年度にインターンシップに参加した手塚くんと木許くん。


    手塚くんは、自動車のエンジン部品の金型などを製造する会社でインターンシップをしたそうです。



    「企業の方の作業の速さや丁寧さにびっくりしました。」

    と振り返ります。

    製品のやすりがけを体験させてもらったそうですが、その時の企業の方の手際のよさにびっくりしたのだとか。


    他にもMCの操作やCADの見学などをさせていただいた4日間のインターンシップ。

    一番印象に残ったのが「企業の方のメリハリ」なのだとか。


    「実際の現場がとてもメリハリがあって、作業はとても真剣に取り組まれているのですが、休憩室ではとても明るいムードでした。

    会社がこんなに楽しそうなところだとは思わなかったです。」

    と、働く現場の楽しさにも気づいた様子でした。



    電動ドリルやエアーツールを作る会社でインターンシップをした木許くんも、

    会社の楽しさを見つめ直すきっかけになったそう。



    「部屋に入るたびに大きな声で『失礼します』と挨拶されていて、驚きました。」

    と、社会人としての行動を目の当たりにして、感銘を受けた様子でした。

    会社の中でのマナーについても、色々と教わったそうです。


    他にも、

    「会社の方はみなさん優しい方ばかりで、就職に関するアドバイスももらえてとてもいい経験になりました。」

    と、実際に働く方とのふれあいの中で、会社のよさに気づけた様子でした。



    大学生の就職活動と違い、高校生は就職活動の期間が短く、現場を「知る」機会がなかなかありません。

    「企業で働く」ということに対して「しんどい」「堅苦しい」イメージを抱えた生徒も多いようです。

    そうした状況の中で、

    インターンシップや企業見学など、実際の現場を体験し、実際に働く人を目にすることで、

    生徒自身の気づきも多く、「働く」ことへのイメージも膨らませることができます。


    今回インタビューをさせてもらって、改めて企業見学やインターンシップの重要性を実感することができました。


    インタビュー中、とても丁寧に話をしてくれた手塚くんと木許くん。

    インターンシップを経て、少し社会人としての自覚も芽生えてきているのかな、とも感じました。

    これからが本当に楽しみなお二人です。


    手塚くん、木許くん、ありがとうございました!


  • ドリカム事業部 インターン生紹介!
  • 2017.08.01

     現在JAEのドリカム事業部でインターンをしている松野恵利香です。

    主にドリカムの広報を担当しております。
    
    一昨年に大学を卒業し、今は社会人2年目。
    京都で不動産の営業のお仕事をしており、週に1日JAEで活動しています!
    
    大学生の時は、JAEのアントレターン(長期インターンシップ)をしたり、アントレターンのスタッフをしたり、
    会いたい人がいる場所、行きたい場所には(時には海外までも・・!)積極的に参加するような毎日を過ごしていました。
    
    ずっと”教育”というテーマに興味がありました。
    でも学生時代はそれを仕事として、ビジネスとしてやっていく感覚がどうしても腑に落ちず。。
    もっともっと理想を考え続けたい、考えていきながらまずは力をつけようと思い今働いている会社に就職しました。
    
    就職して1年経ち、興味がある分野の方向性が見えてきました。
    そしてもっと”やりたいこと”にアンテナを張って、チャレンジしていきたい!と考え、
    4月からJAEでインターンをさせていただくことになりました。
    
    教育、人の暮らしから作られる教育環境、家族のあり方や暮らし方といった分野に興味があります。
    みんなが身近な人・家族を大切にして、支え合って信頼しあって暮らし
    みんなで子どもを育てていけるような"暮らし"や環境を作りたいなあと、思っています。
    
    社会のため、学生のため、子どものため、関わる人のため、そして自分の想いを形にするために、
    本気で行動されているJAE皆様といる中で、たくさんの学びと楽しさと、そして悔しさを感じる毎日です。笑
    
    もっともっと自分の夢を明確にして、力をつけて、もっともっとチャレンジしていける自分になろうと思います!
    
    これからもドリカムのあんなことやこんなこと、実践の現場などもどんどん配信していきます!
    是非ご覧ください^^
    宜しくお願いします!

  • -社会で活躍する人材を育てるために- 大阪府立布施工科高校の取り組み ②朝学習の取り組み
  • 2017.07.26

    -社会で活躍する人材を育てるために-
    大阪府立布施工科高校の取り組み
    2)朝学習の取り組み

    大阪府立布施工科高校さんの、魅力あるキャリア教育の取り組みをお伝えするこの企画。

    今回は、朝学習を取材させていただいたので、その様子をお伝えします。


    朝学習は、3年生の9月の就職試験に向けて、2年生の1月から実施しています。

    内容としては就職筆記試験の対策が主で、面接の指導なども行います。

    希望制の取り組みですが、学年の全生徒約270名のうち約70名が参加しています。

    学習会はほぼ毎週1回行われます。
    朝の7:30から始まりますが、早い生徒は7:00前に来ることもあるそうです。

    実際、我々が見学させていただいた7:15ごろには、教室はとても活気に満ちた状態でした。





    また、生徒は5分前行動が身についており、7:25には生徒は皆着席しています。
    先生も28分ごろにはもう話はじめてしまうほどでした。


    とても元気な挨拶で学習会が始まります。



    この日はSPIの確認テストを行う日でした。

    生徒は皆真剣な表情でテストを解いていました。



    テストって、「終わり」の掛け声とともに少しざわざわすることがよくあるかと思いますが、
    布施工科の生徒たちは掛け声がかかってもペンを置いて静かに次の指示を待っていました。


    朝学習では、生徒に専用のノートを持たせます。



    そこには、朝学習で出された課題についてや、朝学習で先生がお話したことのメモなどを書かせるそうです。
    言われたことをメモをとる癖をつけるのに役立ちますし、なにより就職試験の時にこのノートで自分の歩みを振り返ることで、自信を持って試験に臨むこともできるそうです。

    学習会の最後には、この朝学習の主担当で進路指導部・就職主担当の千田充弘先生からのお話。
    生徒たちが皆まっすぐ先生の方を向いて、ところどころノートにメモを取りながらしっかりとお話を聞いていました。



    お話の最後には「先生からのプレゼント」として課題の宿題プリントを持って帰ってもらって終了。

    ちょうどゴールデンウィーク前だったこともあり、この課題もかなりの量がありますが、提出率はとても高いそうです。



    朝学習の取材を通して、生徒の意識の高さにはただただ驚かされるばかりでした。
    とてもまっすぐな目をしていて、何かに取り組もうという意欲もとても高く、すぐに企業でも活躍できるのではないかと思えるほどでした。
    それも、ただ「真面目」というだけではなく、とても楽しそうに教室に入ってきたり、学習会が終われば友達と笑い合う姿が見られたりと、とても充実した学校生活を送っているようでした。


    朝の学習会に参加している生徒を見ていると、これからが本当に楽しみだなと感じました。
    ここで育った生徒たちが製造業の未来を盛り上げて行って欲しいと思います。


  • -社会で活躍する人材を育てるために- 大阪府立布施工科高校の取り組み ①先生方へのインタビュー
  • 2017.07.19

    -社会で活躍する人材を育てるために-

    大阪府立布施工科高校の取り組み


    1)先生方へのインタビュー

    進路指導部長 浅岡昌利先生

    進路指導部 インターンシップ担当 笹山秀樹先生


    大阪府立布施工科高校さんの、魅力あるキャリア教育の取り組みをお伝えするこの企画。


    今回は、先生へのインタビューの様子をお伝えします。

    布施工科高校の取り組みについて、進路指導室で詳しくお話を伺ってきました。



    「学年全員実施」は先生方の熱意があってこそ


    「先生方の努力に支えられて実施する事ができています。ほんとうに頭が下がる思いです。」

    と話すのは、進路指導部長の浅岡先生。

    昨年度、前任者からこの進路指導部長を引き継ぎました。



    布施工科高校では4年前に民間出身の植田校長が赴任され、キャリア教育に関する取り組みも新しく始まりました。

    2年生全員対象のインターンシップも2年前から本格的に始まったそうです。

    近年の参加率は95%以上、受け入れ企業は約80社にものぼります。


    校長先生が企業団体・企業組合等との連携を深めたり、地域の企業に声をかけるなど、受け入れ先を増やす努力をされてきました。


    「すべての教員で手分けして、インターンシップ先の一社一社全てに挨拶して回るんです。」と、浅岡先生。

    実施前に企業に訪問して打ち合わせを行い、実施中は巡回し、実施後には報告書を持って全ての企業に向かうのだとか。


    今では企業側からインターンシップ受け入れについて、問い合わせの連絡が来ることもあるそうです。

    先生方の丁寧な対応が、企業からの評判にも繋がっています。



    「就職に向けて」という文脈での学校の取り組み


    布施工科高校の学生は8割以上が就職します。

    ほとんどの生徒が就職する学校だからこそ、授業も含めた学校内全ての取り組みに工夫があります。


    例えば、インターンシップ実施前の企業への挨拶には生徒も同行します。

    3年生の応募前職場見学には生徒一人で企業に向かわせることもあるそうで、インターンシップの挨拶の同行はそのためのステップとなります。


    ほかにも

    インターンシップ実施後には、1年生に対してプレゼンを行う機会を設けたり、

    授業で時間の規律を意識させたり、

    就職試験に向けて早朝から学習会を実施したりなど、

    学校生活の中で様々な「就職を見据えた」取り組みがなされています。


    「就職して社会に出てからギャップに耐えられずにやめてしまう生徒が多いと感じています。学校生活の中で少しずつでもそのギャップを克服できる力をつけさせていきたいです。」と、浅岡先生。


    取り組みを初めて3年目なので、まだ離職率の変化については数値のデータなどは出ていないそうですが、

    「インターンシップが始まってから、生徒の成長の度合いがすごいと感じています。データでどんな変化が出るか楽しみです。」ともおっしゃっておられました。



    インターンシップが当たり前の社会に


    最後に、先生方にこれからのビジョンについてお聞きしました。


    進路指導部でインターンシップの担当をしておられる笹山先生は

    「採用関係なくインターンシップを行うことが当たり前な社会になるといいなと思っています。」

    と話します。

    採用を目的としてインターンシップの受け入れを行なっている企業も多い中で、採用に関係なく受け入れてくださる企業もあります。

    そうした企業は「生徒の成長のために」という思いが強く、様々な努力をしていただいています。先生の言葉をお借りすると「神対応」の企業の取り組みなのだとか。


    社会全体が「次の担い手を育てる」という意識を持てるようになると、

    離職率の低下にも繋がるかもしれませんね。


    浅岡先生は

    「インターンシップを通して、『働くとは何か』ということを生徒が理解し、迷わずに自分の進路に向かって前進していけるように。また、保護者の方にも発信できるように取り組んで行いたいです。」と意欲を見せていました。


    先生方が前向きに取り組んでおられるからこそ、生徒の成長に繋がる取り組みが実施できるのだと思います。


    浅岡先生、笹山先生、ありがとうございました。

    今後の取り組みにも注目していきたいですね。


  • -社会で活躍する人材を育てるために- 大阪府立布施工科高校の取り組み
  • 2017.07.14

     

    JAEでは、昨年度より大阪府と協働して「ものづくり企業魅力発信事業」をスタートさせました。

    大阪府内の工科高校や総合高校の高校生を対象に、

    ものづくりの企業でインターンシップや企業見学を行う事業で、

    これから就職を控える高校生に、ものづくりの良さに気づいてもらい、また生徒の職業観を養うきっかけとしよう、という取り組みです。

    昨年度は春休みに企業見学や2〜3日のインターンシップを行い、15名の生徒が参加しました。

    今年度も夏休みのインターンシップ実施に向けて4月から始動しています。


    学校によって、インターンシップの取り組みは様々ですが、

    大阪府立布施工科高校さんでは夏休みになんと2年生(約270名)全員対象のインターンシップを行なっています。

    インターンシップの他にも生徒たちの就職に向け、学校を挙げて魅力的な取り組みを数多く実施しています。


    JAEでは今年度、その様子について詳しく取材させていただくことにしました。

    その様子を連載企画としてこれからこのブログでご紹介させていただくことで、

    学校や企業の方にとって、より良いインターンシップを進めるための参考になることを願っています。

      1 / 12  次のページへ
    ページトップへ