受講生の声



● 田中 早由里
● マザーアースアソシエーション 代表

平成25年キャリア教育コーディネーター資格取得
平成26年3月8日マザーアースアソシエーション設立
大阪府大東市を中心にキャリア教育プログラムの開発・企画運営
キャリア教育普及に向けて活動中


・講座受講のきっかけ
私には子供が3人います。 子育てをしながら 今の子供たちには何かが足りないのでは?
生きる力が足りないではないのか?という漠然とした想いがありました。
しかし答えの見つからないまま、流れに任せて子育てをしていました。
ある日同じ子育て中の母と話をしていていたところ やはり彼女も同じことを感じていたそうです。
それをきっかけに沢山の母と話をしました。ほぼ全員が同じことを感じながらも解決策が見つからず
どうすることもできずにいるようでした。やはり「生きる力」が足りないのかもしれない。
子供たちと一緒に過ごすことが一番多いのが母親です。その母親が感じている違和感を解決したいそう思いました。
私にできることからしよう。そう決めた時キャリア教育コーディネーターの存在を知りました。
今の子育ての環境にはこのキャリア教育コーディネーターの存在が必要だと強く感じ受講を決めました。
・受講したポイント(ひかれたところ)
平日は仕事があるのでなかなか時間がととれず、短期間で集中して中身の濃い授業が受けれることに魅力を感じました。
また普段会うことのできない教育関係者との出会いも魅力の一つでした。

・受講して得られたこと
まずは同じ想いの仲間と想いを共有できたこと。そして話し合えた事です。
同じ受講生、現役のキャリア教育コーディネーター、学校の先生など、子供たちの成長に対し熱い方がたくさん
いらっしゃることを知りました。そして子供たちへの想いは共通だと感じられたことです。
便利な世の中人と人のつながりが以前に比べて気薄な世の中、熱い方が沢山いらっしゃることに感動し、
安心し、同時にワクワクしました。
また教育環境の現在を知れたこと。教育関係者の考え、現役の先生の考えが知れたことは私にとって大きな実りでした。

・今後の取組み(目標)
今後は子供たちのために色々なキャリア教育の企画運営をしていきたいと思っています。
母が思う子供によいと思うことを、キャリア教育として企画立案し実行する。実行しなければ意味がありませんから。
こども達の「生きる力」を育てるスペースの運営もしていきたい。
同時に発達障害児のキャリア教育のお手伝いもしていきたいと思っています。
まずは子を育てる母を支援する事 そして子育てしやすい環境を作る事、そしてキャリア教育。
「こども+生きる力+母」これは私にとって永遠のテーマかもしれません。

・メッセージなど・・・
誰かかが動かなければ何もかわりません。子供たちの未来もよい方向に進みません。
教師だけでなく沢山の大人の存在が子供たちを育てる良い環境創りに欠かせません。
先ずは自分が子供たちにしてあげたいと思うことを実行してみることだと思います。
たった一人からでも構いません.ちいさなことからでも構いません。
あなたが感じている想いを形にすることは教育だけでなく自分自身を成長させる機会にもなります。
キャリア教育を通して私自身も「生きる力」を育てているのかもしれません。
ページトップへ