株式会社ジュピターテレコム 関西大学北陽高等学校 2年 堀 夏実

切り取りIMGP7930

会社の概要・特徴

株式会社ジュピターテレコムは従業員数14,204名のとても大きい企業です。地域に密着したピンポイントなTV番組を製作し、各地域の人に有線ケーブルで提供しています。

「もっと、心に響かせよう。もっと、暮らしを支えよう。明日を、未来を、拓いていこう。」という理念を持っており、良質なエンターテインメントとサービスをさらに進化させ、心が震えるような感動、毎日のちょっとした喜びや新しい発見を届けることを目指しています。他のテレビ局と違いTVとネットと電話のトリプル柱の事業を展開しています。

社員の姿・社内の様子

カメラマンの阿部さんにお話を伺いました。「地上波テレビだと報道が多く事件を取り扱うため、撮影されることに対して嫌がられることが多い。しかしケーブルテレビだと地域の人からの依頼でTV番組の撮影を行うため、撮影されることを喜んでもらえるので楽しく働くことが出来る。」とおっしゃっていました。私が取材に同行させてもらった際にも取材先の方々に車で送ってもらったり、お茶やスイカをご馳走になったり、沢山のおもてなしをしていただきました。また、「1人で1番組丸々を制作することが出来る。ケーブルテレビの魅力でもあり苦労する点でもある。」と教えていただきました。これは他の社員の方もおっしゃっていたことでした。たとえカメラマン志望であったとしても、記者やアシスタントなど他のこともしなければならないため苦労する人もいるそうです。そのため、仕事のための勉強は常にされているそうです。

私が体験した「ジュピターテレコム」

私はインターンシップそのものに興味があったことと、普段毎日のように見るテレビ番組はどの様につくられているのかについて気になっていたので、ジュピターテレコムでのインターンシップに参加させていただきました。 撮った映像を即放送できるように編集しているのを見て、情報伝達を早める努力をされているんだなと再認識しました。撮影現場ではアシスタントの体験をさせていただき、実際に三脚をもって取材に同行しました。三脚は思っているよりも丈夫で重く、カメラに映りこまないように三脚を持って移動することがとても難しかったです。TV番組に出ているアナウンサーの方とお話をさせていただいたり、実際の撮影現場に連れて行ってもらったり、普段では決して味わうことが出来ない貴重な体験をたくさんさせていただき、テレビ番組のテロップの出し方やその意味を考えながら見れるようになり、実りのある3日間となりました。将来、テレビ制作に関わる仕事を目指しているので情報の勉強に力を入れていきたいです。

ページトップへ