株式会社東住吉介護センター 天王寺学館高等学校3年 清水大地

会社の概要・特徴

東住吉介護センターは、介護保険制度に先駆けて、平成11年10月26日、地域の方々の要望に応えて開設した在宅介護事業所です。

社名「株式会社 東住吉介護センター」が示す通り、本社所在地も東住吉区役所に隣接していて、東住吉区在住の高齢者の方・障害を持っている方々を中心とした地域密着型のサービスを提供しています。長い期間、地域で生活した地元に、明るい相談員を配置し、各関係機関との連携を密に取ることで、利用者さんと、そのご家族の介護負担の為にも、真心を持ってサービスを展開しています。 

在宅で介護サービスを必要とする方に対し、心身ともに健やかに生活し、その環境、年齢、心身の状況に応じて、地域において必要な福祉サービスをあらゆる面で提供できるように援助することを一番の目的としています。

社員の姿・社内の様子

私が体験して感じた社内の雰囲気は、本社では、社長さんをはじめ、社員の人たち皆さんが、和気あいあいとしていて、とても居心地が良かったです

また、デイサービスの「リフレッシュくらぶ」でも、社員さんととても話しやすかったです。社員さん一人一人が利用者さんのお手伝いをしている時に「この会社で働いて楽しい」「この会社で働いて良かった」と思いながら働いているというのが、一緒に体験させてもらいながら伝わってきました。

普段なかなか接することのない高校生の私達が同じ空間にいても、これほど居やすくて、働くのが楽しいと思えるところは他に無いのではないかと思いました。将来、自分もこのような明るい雰囲気の会社で働きたいと思いました。

私が体験した「介護」

私はデイサービスでの体験を通してまず感じたことは、デイサービスという事業は、第一に利用者さんに怪我をさせられないため、こんなにも気を使う部分が多いのかということです。これには、大変驚きました。そして、

2日目の体験で知ったことは、「うたごえクラブ」という地域交流イベントのお手伝いに参加したときの、歌うことで認知症などの予防にもなるということです。また、訪問介護では、もっと利用者さんに近い距離で接することになるので、さらに怪我をしないように安全の確保が大事である、ということが、とても印象に残っています。

私の今回の体験は、将来自分が社会で活躍するときに、良い経験として、今後の自分活かしていけるものになりました。これからもこの貴重な体験を生かして何事も頑張って生きたいと思います。

ページトップへ