株式会社東住吉介護センター アナン学園高等学校3年 伊藤弥一郎

会社の概要・特徴

株式会社東住吉介護センターは、居宅介護支援事業、訪問介護事業、福祉用具事業、通所介護事業の4事業を運営しています。平成11年に開業し、東住吉区を中心に阿倍野区、住吉区、平野区と1600人以上の相談実績があり、60名以上の経験豊富なスタッフさんが在籍している会社です。

初日に体験させていただいたリフレッシュくらぶは東住吉介護センターが運営する機能向上、症状改善、認知症予防など介護度を上げない事を目的としたリハビリ型短時間デイサービスです。食事、お風呂のサービスはありませんが、午前の部と午後の部、それぞれ約3時間のスケジュールのサービスです。僕自身、一般的なデイサービスは知っていましたが、この様な運営形態もあるんだと感心しました。

社員の姿・社内の様子

スタッフの方々は、皆さん明るく笑顔で、体験させていただいた高校生の僕まで元気をいただける様な方々でした。会社の方針である「明るい気持ちになれる施設を目指す。」という事がはっきりと伝わる職場であると感じました。

体験させていただいた日はちょうど地域住民の方々が集まり、一緒に楽しく歌を歌う「うたごえクラブ」というイベントが催される日でした。普通に歌うだけではなく、スタッフの方が、場を盛り上げずっと笑顔と笑いの絶えないイベントでした。何よりこのお仕事は、利用者さんに元気になってもらわなければなりません。その為には、スタッフがまず元気でなければいけないと感じました。また人に笑顔になってもらう為には、自分も笑顔が必要です。とても当たり前な事が何より一番大切な事だと分かりました。

私が体験した「介護の世界」

利用者様とのコミュニケーションをたくさんとり、リオのオリンピック選手の話でとても盛り上がり、信頼関係を築く過程を垣間見ることができた気がしました。利用者様以外の方にも楽しんでいただけるイベントを定期的に開催し、地域が一体となって利用者様をサポートしていました。

この施設には、スポーツインストラクター経験者も在籍し、最新のヒットソングを流しながら体操する「リズム体操」や笑いながらヨガ体操する「笑いヨガ」など、楽しく効果的に運動できるメニューを取り入れていて、とても魅力的です。

私は東住吉介護センターのインターンシップに参加して、より人の役に立つ人になりたいと思いました。これからも夢に向かって突き進んでいきます。今回体験させていただいた事は私の力になっていくと確信しています。

ページトップへ