shu shu du chaleur 東住吉高等学校 1年 佐々木希実

会社の概要・特徴

私のインターンシップ先のshu shu du chaleurさんは、「ぬくもり」をテーマとして、20代~40代、さらに上の年齢層の方までを対象とした幅広い商品(お洋服や小物)を販売しているセレクトショップです。

地域社会の発展に貢献するという経営方針のもと、お洋服や小物を販売するだけでなく、お客様に「つながり」の場を提供するため、お店の2階に貸出が出来るスペースを設けたり、地域のイベントにも積極的に参加しているそうです。

また、接客でも、ただ販売するだけでなく、ひとつひとつの商品への想いや意味など、背景をお客様にお伝えし、使い方やコーディネートの仕方もお伝えしながら販売しています。お店の場所は、商店街から1本道を外れていて、独特な雰囲気のあるお店を演出しているそうです。このお店の強みは、何と言っても「お客様とのつながり」だと思います。

社員の姿・社内の様子

このお店のオーナーである濱畑さんは、大手の会社を退職してから、このお店を立ち上げられたと聞いたので、大手と自営業の違いを教えてもらいました。大手の会社は、それぞれすることが細かく決められていて、「会社から指示された事をする」という感じで、自営業は注文から販売までの「全ての流れを自分達でする」ことが大きな違いです。

それが大変なことでもあるけれど、自分のお店特有の色を出したり、お客様のニーズに合わせて商品を仕入れたりするなど楽しいことも多いそうです。店内もオーナーとオーナーの奥様のお二人で作ったそうです。店内は、緑が多く使われていて、アンティークな雰囲気で、とても居心地の良いお店だと思いました。小物ひとつひとつにもこだわってセレクトしていて、お二人のお店への愛をとても感じました。

私が体験した「アパレル業界」

この3日間、「接客」を始めとしたアパレルに関わるお仕事で感じたことは、何よりもオーナーの濱畑さんと奥様の利江さんのお仕事に対する姿勢から感じた「お客様への愛」でした。

お二人とも人柄が良く、とても面白くて優しくて、何も知らない私たちに一から教えてくださって、私の質問にも笑顔で丁寧に答えてくれました。休憩の時にジュースを差し入れてくれたことも嬉しかったです。そして、何よりお仕事をする姿がかっこ良かったです。

いつもお客様の立場になって考えてお仕事に取り組んでいて、ひとりひとりのお客様をとても大切にしていることが伝わってきて、アパレル業界のお仕事の魅力を少し知れたのが良かったです。今回の学びを生かして、私も、将来どんな仕事に就いても、人や地域とのつながりを大切にしていきたいと思いました。ありがとうございました。

ページトップへ