shu shu du chaleur                       大阪府教育センター附属高校 2年 田村玲菜

会社の概要・特徴

洋服店、shyu shyu du chaleurは「エレガンスミックス」という、デイリーとファッションをミックスさせたお店です。

「ぬくもり」ある場所に人は集うという経営理念で、お客様との繋がりをとても大切にされていました。

どのように繋がるのかというと、お店の2階にコミュ二ティースペースのような場所を作り、お客様に貸し出しをしていて、ヨガやアクセサリー作りなどの場所を提供していました。また、参加されたお客様と仲良くお話をしている姿はとても理想的でした。

ビジョンは、「オシャレをする時、贈り物をする時、時間を潰す時に最初に行くお店」でした。私の想像では上品で入りにくいのかと思っていたのですが、実際は全く違い、とても入りやすいお店でした。

社員の姿・社内の様子

お店の雰囲気はとても入りやすく、見やすく商品が設置されており、お客様がご来店なさるとセール商品の紹介だけして一旦引くというお客様のことをよく考えた接客でした。お客様が和むような会話も心がけられているので、お客様からは店員目当てに来る方もいらっしゃる程です。

お洋服に関しての質問にも柔軟に対応されており、質問しやすい環境で店員・お客様共に笑顔でお話されていました。

お客様が迷う前に声がけをしたり、何事にもお客様を優先されていて、店員としての鏡のようだと感じました。商品も組み合わせで上品にもカジュアルにもなり、設置場所も分けられており考えやすい内装となっていました。

店員さんの仕事ぶりを見て、基本のことではありますが、挨拶や笑顔・明るさが改めて大切だと思いました。

私が体験した「アパレルの接客」

私が三日間で体験した事は、接客・集客の方法・コーディネート・ディスプレイ方法の学習です。

具体的には、店内の商品の中からお洋服を選び、自分が着て、写真を撮り、お店のブログに載せるという事をしました。マネキンだけでなく自分で着ることで、服装の手触りや着た時の形などを自分でも理解しやすく、お客様に説明する時に大事な過程だと思いました。商品の組み合わせを色や形・素材を考えながら選ぶのは、とても難しかったです。

最終日は、店頭にあるマネキンに自分が選んだ商品を着せるという体験をしましたが、着せるものを季節や色合い・見せ方などを考えて選び、また、マネキンに着せる時の注意点を学びました。とても充実し、よく学んだ三日間でした。

このお店を経営しているお2人がとても良い方で、帰る時とても寂しかったです。

ページトップへ