• 角野 綾子
  • 2001.01.10

     


    名前(ふりがな)

    角野 綾子(かくの あやこ)


    所属/担当

    コーディネーター/ドリカムスクール


    経歴

    大学・大学院で環境問題や環境学習について研究。また、環境NGOで学校への出張授業等に取り組む。その後シンクタンクに入社し、環境政策のコンサルティング業務等に従事。2005年にJAE入職。協働型プログラムの企画実践等を担当。大学でキャリア系科目や協同学習の授業にも携わるほか、「シティズンシップ(市民性)」をテーマにした活動に取り組む。

    Q:JAEに関わるきっかけや思いを教えてください。

    「自分なんかどうせ… がんばっても、何も変わらへんし…」ある子どもがつぶやいた一言が原点にあります。自分が動けば自分の未来を変えられる。そして、社会も変えられる。そのことを実感してほしい!  子ども達が、自分自身と社会、現在と未来とのつながりを実感し、「よりよい自分」「よりよい社会」に向かって、いきいきとチャレンジできるように、そんな場や仕組みをつくっていきたいと思います。

    Q:JAEでの担当業務、やりがいを教えてください。

    学校と企業・自治体等が連携した協働プログラムの企画開発・実践、キャリア教育コーディネーター養成講座、教職員研修等を担当してきました。先生方や社員さんたちと一緒に、めざすことやカリキュラム、プログラムを共に考え組み立てていくプロセスにやりがいを感じます。自分や将来に対して投げやりになっていた子どもが、プログラムが進むにつれて意欲的に取り組むようになり、最後に「将来にわくわくしてきた!これからも色んなことにチャレンジしたい!」といった感想を聞くと嬉しい気持ちになります。

    自分ハッシュタグ

    #シティズンシップ #探究 #離島好き

    アーカイブ

    ページトップへ