長期実践型インターンシップ「アントレターン」

 JAE が提供する長期実践型「アントレターン」とは...

「長期実践型インターンシップ」に参加するということは、リアルな社会や仕 事の現場で、経営者や社員の方々と一緒に「期間限定のプロジェクトメンバー 」として、新しいチャレンジに取り組むこと。
あなたは「会社見学に来た学生」でも、「アルバイト」でもありません。 一つの会社で座学や職業体験をする、ということよりもさらに踏み込んで、会社の中や外の様々な人たちとともに、企画から実践までに関わり、たくさん試 行錯誤して、あなただけのオリジナルな「思い切り、やり切った経験」をする ことができます。
社会のこと、会社のこと、そして行動することを通して、自分自身のことが分 かるインターンシップ経験が、「アントレターン」です。

 インターンは皆さんの可能性を最大化します

「何か行動しなきゃと思っているけれど、何をしたいのかが分からない。」そんなすべての大学生におすすめしたい のが、「アントレターン」です。学生時代の今だからこそ、思い切り学んで行動して、成功も失敗もたくさんして、 自分自身の可能性を最大限に広げていってほしい。そのために、わたしたちは長期実践型インターンシップを通し て、みなさんのチャレンジの機会をつくり、応援していきます。

本気だからこそ得られる成長
リアルな「働く」を経験
共にチャレンジする仲間との出会い

インターンを始めたい大学生に

その他の記事

先輩インターン生インタビュー

 
その他の記事

関西最大級!長期実践型インターンシップフェア2018夏

大学生が半年間、中小企業やベンチャー企業の「期間限定の正社員」としてプロジェクトに取り組む、長期実践型インターンシップです。
大学の授業、アルバイトやサークルでは得られない、「社会で働く」「自分の力で成果を出し、会社に、社会に貢献する」という経験を得ることができます。

[日程] 2018/6/3(日) 13:00-18:00

[会場] 大阪私学会館

[参加費] 無料

セミナー詳細

よくあるご質問

Q. 短期インターンと長期インターンの違いは何ですか?
A. 短期インターンは1日~1週間程度、長期インターンは3ヶ月~6ヶ月程度のものが一般的ですが、期間が違うことで得られるものが異なります。
短期インターンは期間が短いことから色々な企業のインターンに応募することができ、参加しやすいといったメリットがある反面、表面的な情報しか得られない、会社の説明を受けるだけで仕事を経験する機会が少ない、といったデメリットがあります。
長期インターンの場合は逆に、ある程度の時間を割く必要があるので多くの企業を見ることは難しいですが、期間が長い分経験できることも多く、責任ある仕事を任されるので自分自身を大きく成長させることができます。
インターンという経験を通して何を得たいのか、その目的を考えた上で、自分自身に合った機会を見つけてください。

Q. 就職活動に有利になりますか?
A. 「長期インターンをした」経験そのものが有利になるか、というとそうでもないと思います。長期インターンの機会はどんどん増えているので、長期インターンの経験それ自体が珍しいものではないからです。
ですが、長期インターンに挑戦する中で、たくさんの成功と失敗を経験し、たくさんの人たちとの出会いや、学びがあると思います。長期インターンの経験の中で得たもの、それを社会人になったらどう活かすか?ということをきちんと言語化できれば、きっと就職活動で大きなアピールポイントになり、実際に就職してからも大いに役立つ経験となるでしょう。

Q. 学校の授業やアルバイトと両立はできますか?
A. できます!
アントレターンは、学期間中は週2~3日、夏休みなどの長期休暇中は週3~4日(もちろん、それ以上でも可)勤務することが一般的です。これまでの参加者も、授業やアルバイト、サークルや部活など、インターン以外の活動と両立させながら頑張ってきました。
「長期インターンをしたら学校にも行けなくなる…?」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、最優先は学業。できればその次に長期インターンを優先してもらえたら、インターンでの成果、そして自分自身の成長につながると思います。

Q. 長期インターンに参加するのはどんな人が多いんですか?(優秀な人や意識の高い人が多いんですか?)
A. 長期インターンに参加する学生の多くは「フツーの大学生」です。大学に行って、サークルに行って、バイトして…。そんな日常を繰り返す中で「このままで良いのかな?」という疑問や「将来、何がしたいんだろう…分からない…」という不安を感じ、ちょっとしたきっかけからセミナーやインターンシップフェアに参加して「よし、インターンやろう!」と行動すること、チャレンジすることを決めた、という学生がほとんどです。
長期インターンに参加する学生と参加しない学生の違いは、優秀とか、意識が高いとか、そういう違いではなく、単純に行動したかどうか、それだけだと思います。

Q. 1・2回生からでも参加できますか?
A. アントレターンの参加学年に制限はありません。実際、1・2回生から参加する学生も多くいます。むしろ、早いうちに長期インターンにチャレンジしていると、大学の授業にもより積極的に参加できるようになったり、どんどん次のことにチャレンジしていけるので、ぜひ、1・2回生からでも参加を考えてみてほしいです!

Q. 内定後の4回生でも参加できますか?
A. 先の質問と同様、参加学年に制限はありませんので、参加可能です。
就職はゴールではなくむしろスタート。会社に入社する前に仕事を経験しておくこと、また新たなチャレンジをすることは、社会人になってからも大きなアドバンテージになると思います!

Q. 参加するための費用はかかりますか?
A. インターンが決まったら、最初に事務手数料として10,000円がかかります。これはインターンシップ保険や、研修の会場費に充てられます。インターン期間中の交通費は受入企業が負担しますが、インターン勤務中の昼食などは自己負担となります。

 
お問い合せ
ページトップへ