「アントレターン」とは…

長期実践型インターンシップ「アントレターン」は、大学生が新しい価値を創出しようとしている組織の中で責任を持って仕事に携わるプログラムです。

アントレターンという機会を通じて、大学生が大学で学ぶ知識を使える知恵に、また実践を通して出会った課題を克服する意欲を持ってもらうことを期待しています。

そのために、私たちは企業で経営者や技術をしっかりと持ったメンバーのもとでの長期実践型インターンシップの機会を提供するとともに、必要に応じてインターン生へのフォローアップを行っています。

意欲を持ってインターンを開始しても、多くのインターン生が悩みを抱えます。

「仕事がうまくできない」
「イメージしていたことと違う」
「社内でなかなか打ち解けられない」

「何のためにインターンをしているのだろう」

人によって悩みは様々ですが、このような悩みを多くのインターン生が持ちます。

そういった悩みを解決するべく、アントレターンでは、多くのサポート経験を持つコーディネータがインターン生の相談相手になりますので、
安心して6ヶ月間インターンシップに取組んでいただけます。

・本気になって何かにチャレンジする経験がしたい
・自分が社会の中で通用する力を身につけたい
・将来、起業したい
・スキルを身につけたい

という方はぜひ長期実践型インターンシップにチャレンジしてください!

「アントレターン」の特徴

私たちが考える独自インターンシップ「アントレターン」には、2つの特徴があります。

【Point 1】3ヶ月~半年という長期型

多くのインターンシップが1日~2週間、長くても1ヶ月という短期、中期のものがほとんどです。

しかしJAEでは長期型にこだわっています。
なぜならば、短期のインターンシップは見学や体験という要素が強くなります。

一方、長期のインターンでは、社会で継続した実践を踏むことで、経験という要素が追加されます。
経験をもとに得られる考え方、スキルなどは見学や体験では得ることができません。
長期のインターンシップだからこそできることなのです。

また社会で継続的な実践を踏む事で、さまざまな課題も出てきます。

その為、アントレターンでは多くのサポート経験を持つコーディネーターが、
インターン生の悩みが解決するまでとことんサポートしています。

【Point 2】 こだわった受け入れ先企業

アントレターンはどこの企業にも受け入れて頂くのではなく、JAE内部で審査した上で受入先を決めています。

どんな企業でもいいのではなく、「この人から学びたい」「この仕事だから挑戦したい」と
私たちが強く自信が持てるものでなければ、インターンシップの受入はご遠慮頂いております。

だからこそアントレターンは、アルバイトではできない経験が積める

しっかりとしたサポートのある長期実践型インターンシップです 。

「アントレターン」開始までの流れ

インターンシップを開始するまでには、下記の4つのステップがあります。
インターンシップセミナーでより詳しいお話をしていますので、ぜひご参加ください。(週一回開催・参加無料)

【STEP1】
インターンシップセミナー

「長期実践型インターンシップ」は、一般的なインターンシップと何が違うの?

  • インターンで成果を出す秘訣とは?
  • 学校や他の活動と両立するポイントは?

などの素朴な疑問から募集企業の詳細まで皆さんのニーズに合わせてに説明いたします。

→インターンシップセミナーに申し込む

【STEP2】
キャリア面談

中面用写真_究極の自己改革セミナー.JPG

企業と学生にとって最適なマッチングを実現する為に

  • 今後のみなさんのキャリア
  • どのようなインターンシップ先がいいのか?
  • インターンシップを通して、得たいものは何か?
  • どんな仕事に取り組んでみたいのか?
  • インターンシップをする上での、不安は何か?

などをお伺いしながらアドバイスをしていきます。
ヒアリングを終えた後、

  • インターンシップをするかどうか?
  • どの企業にエントリーするか?
    を決定します。

【STEP3】
希望の企業にエントリー

エントリーシート(※)と事前課題を企業に提出し、エントリ―を行います。事前課題は企業により違いますので、募集情報を参考にキャリア・カウンセリングの際にお聞きください。

作成資料は事前に担当コーディネーターに送って頂き、添削アドバイスをします。また、面接の日程調整を行いますので、まず企業面接希望日程表(※)に記入してお送りください。

※は下記の「エントリー資料一括ダウンロード」でダウンロードできます。

→エントリー資料一括ダウンロード

【STEP4】
企業と面接

エントリーシートと事前課題を元に受入企業の社長や担当者と面接をします。(面接はお互いに判断をしてもらう場です。)

【合格の場合】
オリエンテーションの手続きを行います。
コーディネーターから案内がありますので必要なものを準備してください。

【不合格の場合】
別企業への再エントリーなども可能です。
改めて、コーディネーターと相談しインターンシップ先を見つけましょう!

サポート体制

インターンシップでは、大学生が社会人と同じように責任を持って仕事をしています。
しかし、インターン生は社会経験が少ないこともあり、様々な課題や悩みに直面することも多々あります。

そういった課題や悩みを乗り越え、飛躍的な成長の機会に変えられるよう、
コーディネーターは様々な面からサポートを行っています。

1. インターン生向け研修

■事前研修:インターン開始前(1泊2日)
・ビジネスマナー研修
・インターンの心構え
・キャリアデザイン&目標設定

■中間研修:期間中2回(終日:日帰り)

・ゲストレクチャー(社会人・インターン経験者等)
・目標設定の見直し
・課題解決ワークショップ

■事後研修:インターン修了後(1泊2日)

・振り返りワーク
・成果と学びのプレゼン

2. 学生面談

1~2ヶ月に一度、担当コーディネーターと面談を行います。

みなさん自身のインターンの目的目標を達成できるよう、また、仕事の成果をより出すためにどうしていくのか、抱えている課題を乗り越えていくには?など一ヶ月を振返りながら次月に向けてのサポートしていきます。

面談では、モチベーションの向上や課題が明確になる、行動に移す計画が立てられるなどの効果があります。

3. 3者合同ミーティング

学生面談を通して明らかになった課題の中には、インターン生だけでは解決できないものがあります。

その際は、受入企業担当者、インターン生そしてJAE担当コーディネーターの3者でミーティングを実施します。

そこで課題を一緒に共有し、インターンの機会がより充実したものになるようアクションプランを立てます。

こんな人にオススメ

インターンシップはこんな人にオススメです。

【対象】 大学1~4回生 ・大学院生

・本気で何かに取り組みたい人!
・このまま、大学生活を終わらせたくない人!
・とにかく成長したい人!

事例

『アントレターンは人生の分岐点!価値観、生き方、哲学、全てが変わりましたね。』

最初は全くインターンシップをする気はなかったんですよ。(笑)
2回生の6月、先輩に無理やり連れていかれたフェアに、インターンが何なのかもわからず参加したんです。周りには、目標や夢を語る学生、前には熱い話を繰り広げる社長たち・・・
その頃の僕は将来を全く考えていなかったのですが、フェアで出逢った人たちをみて、無関心な自分に『このままではダメだ』と思ったのがきっかけですね。

事例詳細をみる

名前     : 清水 昭安(しみず あきやす)
大学     : 同志社大学 商学部 (2013年卒業)
インターン先 : 株式会社アンビシャス
実施時期   : 2010年8月~2011年2月 (当時2回生)
業務内容   : 「トランクルーム」の新規開拓・提案営業

『自分の行動や発言に自信が持てるようになり、”輝く自分”に近づけました!』

インターンを経験して自分の行動や発言に自信が持てるようになり、憧れていた『輝く自分』に近づけました!

また、一般企業に対してプラスのイメージを持てるようになったこと、社長からの一言が今の自分の人生を作るきっかけになり、出逢えたことに感謝しています。

事例詳細をみる

名前     : 原 詠理子(はら えりこ)
大学     : 同志社大学 経済学部 卒業 
インターン先 : 株式会社プロシーズ
実施時期   : 2009年2月~2009年8月(当時3回生)
業務内容   : Eラーニングの企画、サイトの運用・情報更新業務、新ソフト開発企画提案など

長期実践型インターンシップ「アントレターン」にご興味を持たれた方は、
下記のページも合わせてご覧ください☆

ページトップへ